人が亡くなるということ | レズの日常 -レズビアンのブログ-

人が亡くなるということ

こんにちは。ジュニーです。

今日はちょっと暗いブログです。

友達から友達のお父さんが先週病気で亡くなった…という連絡がきました。
遠方に住んでいるから直接お会いしたわけではないんだけど、よく話は聞いてたから泣いてしまいました…

ご冥福をお祈りします。

 

亡くなってしまった時の喪失感

友達のお父さんが亡くなって、人は死んじゃうんだよね…と再認識。

 

周りで仲が良かった人、家族が亡くなった、経験はありますか?

年齢を重ねるごとにみんな年を取っていくからどんどん増えていきますよね。

私の周りでは、小学校時代の友人、父、父方の弟、祖父母、友人の突然死や自分で命を断った友人もいました。

亡くなってからしばらくすると泣かずにやっていけるようになる

高校3年生の受験前に父がガンで亡くなったんですけど、毎日泣いてました。この時が人生で一番の闇期。
ちょうど反抗期みたいな感じだったので入院中も父にべったりできなくて、亡くなった後、「もっとお見舞いに行けばよかった」「大好きだよって言えばよかった」とずっと後悔し続けてましたね。

「なんでうちのお父さんなの?」「他の家でもいいじゃん」とか世の中に対しても嫌な気持ちを持ったりもしました。

でも、そんな悲しみとか後悔も、時間が立てば少しずつ薄れていく

人っていい生き物ですね。忘れられるんだもん。
心の中に暗黒な壷?(笑)みたいなのがあってそこにこうゆう気持ちが全部閉じ込められてて、表面にあるのは良い思い出ばっかり。

 

思春期から大学生になる頃まで、毎年必ず誰かが亡くなり、お葬式に参列してました。
私、呪われてるんじゃないか…??と思ったくらい笑

 

 

お葬式の雰囲気、棺の中の友人、葬儀場から火葬場への移動の車、
心の暗黒壷にしっかり記憶には残っていて知り合いが亡くなったという話を聞くと、関係ないはずの昔の全ての記憶がフラッシュバックしてきて小一時間落ち込んでしまいます。

そのため…只今、いろいろ思い出してしまって更に落ち込んでます。

一番最初に忘れてしまうのは亡くなった人の声

動画とか撮影してたら忘れないと思うんだけど、思い出そうとしても父の声がもう思い出せなくなりました。なんとなくこんな感じだったかな…ぐらいしか分からない。

たくさんビデオとか撮っておけばよかったなーとあとで後悔するパターンですね。

 

大切な人、周りの人にちゃんと気持ちは伝えてますか?

周りから「ジュニーは愛情表現がすごいよね」「好きな人への気持ち真っ直ぐだよね」「なんでそんなに愛情出せるの?」

とよく言われます。

 

私は、愛情表現を意図的にしてます。
人が亡くなることに触れてきたのと姉がいつ死ぬか分からないと言われていた病気だったので、物心ついたころから、いつ自分が死ぬか、誰かが亡くなるかなんて分からないという気持ちが常に心の中にあって、自分自身が後悔しないように。自分が死んだ時に付き合っている相手が「愛されてたな」と思えるように、出来る限りのフルな愛情表現をするよう心がけています。

フルな愛情表現ってなんだよ!って書いてみて笑っちゃうけど、外国人の感じに近いかな?
ハグ&言葉とかね。

 

重いーー!と思うかもしれないけど、しっかり言葉にして言う、抱きついたり行動に出すこと。
これってすごく重要なことだと思う。

 

日本人男性によくある、あの「口に出して言わないけど愛している」感がマジで嫌い(笑)
言いなよ!ちゃんと言わないと伝わらないよ!と何回か男性にお説教したこともありますw

 

 

でもね…

好きな人に対してはしっかりできているんだけど、家族に対してはうまくできていなのが現状。
東京に引っ越してきて5年目に突入。地元にいる母親とは年に6回くらい。今月から月1で帰れるようになるからもっと増えるけど、母親の年を考えるとあと何回会えるんだろう…。とふと考えることがよくあります。この暮らし方を続けるのであれば全然会えないんじゃないかな…。

これ考えると本当に怖い。
みなさん、ちゃんと会えてますか?? 遠方に住んでいたら確実に回数が一緒に住むよりもないよ…。

 

 

 

人が亡くなった時に、人の命が永遠ではないことを思い出し、改めて「ちゃんと周りの人に気持ちを伝えよう」と考える。

 

 

ちゃんと自分の気持ちを相手に伝えて、相手の気持ちもしっかり受け止めよう。
お母さんにも、もっともっと会いにいこう!!

 

 

 

 

土曜日の昼なのに少し暗い話であれですが…
後悔しないように日々できることをしていきましょう〜

 

 

ビアンブログ一覧(このブログも掲載していただいています)
→にほんブログ村ランキング【ビアン】カテゴリ

 

それでは! Bye for now!