タイの夜遊び/女性だけど…初めてバンコクやパタヤの「ゴーゴーバー」に行った話

広告

こんばんは。ジュニーです。
今日は、タイで知り合った友人が日本に旅行で来たので一緒に居酒屋へ。

タイに行ったのは、1回だけなんですが、その時、社会経験のため(笑)、タイのゴーゴーバーやキャバクラみたいなところ、ゴーゴーボーイに連れて行ってもらいました。そのインパクトが強すぎて、タイ=ゴーゴーバー&キャバクラ&ゴーゴーボーイの印象がついてしまったほど。
彼らに会ったらまたタイの夜を思い出したのでw(特に何もしていないけどw) 今日は、タイの夜をブログ記事に残しておこうと思います。

まずは、タイのゴーゴーバーについて

タイのゴーゴーバーって何??

ゴーゴーバーはゴーゴーのリズムに合わせ、ゴーゴーダンサーがポールダンスなどを見せるバー、ナイトクラブである。タイやフィリピンでは性風俗店となっている。
客は舞台の上で踊っている女性を見ながら、飲食を楽しむ。基本的には飲食代を払うだけで楽しむことができるが、女性を席につかせて会話をする時は女性のドリンク代を支払うのが一般的である。女性は水着や下着姿であることが多いが、稀に全裸の場合もある(大抵は1階にいる女性たちは水着や下着姿だが、2階以上にいる女性たちは(上半身)裸である)。
気に入った女性がいれば、別料金を支払うことで店外に連れ出すこともできる。連れ出す際の料金は店側に払う分(タイではペイバーPayBar、フィリピンではバーファインBarFineと呼ばれる)と女性に払う分があり、ペイバーは基本的には店で固定の料金だが、女性に払う分は女性との交渉で決まる。 女性はウェイトレスとダンサーが分かれている店や、ダンサーがウェイトレスを兼ねている店もある。基本的には店外へ連れ出しができるのはダンサーの方だが、ウェイトレスを連れ出せる店もある。一般的にはウェイトレスの方が連れ出す料金が高い。
(引用元:wikipedia

広告

えぇ、ゴーゴーバーとは性風俗店です

私も日本ではキャバクラやスナックは何回か行ったことがあります。行ったというか連れて行ってもらったの方がいいですかね。お客さんとの2次会だったり、会社関連で出会った知り合いの皆さんと六本木のクラブに行ったり。スナックは地元で頻繁に行ってたし。

…しかし、日本の性風俗店は一度も入ったことがありませんでした。(そりゃ、女性なら大体そうですよねw)

タイのゴーゴーバーに行く前は、「タイのゴーゴーバー=ポールでダンスを踊るセクシーな女性がいる場所」ぐらいしか想像していなくて、ゴーゴーバーの下調べなんてせずに知り合いの男性達や女性についていきました。新宿2丁目の雰囲気に近いだろうとも予想。

「お持ち帰りもできるところ!」と聞いても、
「へぇ、やっぱりそうゆうシステムあるんだね、アフターみたいなものでしょ?」とキャバクラ系のアフターなんて言葉しか知らないのに、ゴーゴーバーもそんな感じのもの。だと思っていたんです…

広告

大きな勘違い! ガチな性風俗店だった…

後でシステムを知ってビックリしました。
店内に入るまでのキャッチ感は、まだいいんだけど、中に入ってみると踊ってるお店の子の薄着感とか店内にいる男性とお店の子のいちゃいちゃ具合がハンパない。
いちゃいちゃというか…お店の子から積極的にホテルへ誘ってた(ノ゚ο゚)ノ むしろ男性の下半身を服の上から触ってたり(ノ゚ο゚)ノ ほほほーい。

これはキャバクラ、スナックじゃなかった…。

広告

初めての性風俗店入店!!

でも、入り辛さはほぼ無いかも。
女性だけだと入店禁止なところもあるようですが、男性もいたのでさくっと入れました(^^)
性風俗店というと全体的にエロス!と思いますが、特に私は何もしておりません。
ただ、女の子達を見ながらお酒を飲んでいただけ。

お店の真ん中で女の子達がポール横でダンスしてます。

こんな感じ↓

(画像元:Lady Love video

アクロバティックなポールダンスではなく、ポールの横で体を揺らすだけのポールダンス(笑)お店によっては、パフォーマンスをするところもあるみたいだけど、私が行ったお店は、体をリズムにのせるダンスw

衣装は、水着?下着?あとはお店の露出度高い制服ですね。

その子達を見ながら、ただ、お酒を飲んだだけ。
近くで踊ってる子達は、お客さん(男性)に積極的にアプローチしてきます。

「お兄さんどう?!私♡ お酒飲みたいわ!席に呼んで! その後はホテル行こ♡」
ちゃんと聞いてないし、カタコト日本語、あとタイ語なので分からないけど、きっとこんな感じ 笑

女性である私でさえ、誘われました(*⁰▿⁰*)
彼女がいるので、そんなことはしないぞ! という気持ちで、「いやいや、行かないから。」苦笑いしてました。

 

男性、女性関係無く誘うのかもね! もちろん、男性の方が誘うのは多いけど、踊り子さん達、目が合ったらガチでアピールしてくるから目のやり場に困りました 笑
タイはオープンな国だと聞くし、海外からたくさん観光客が来るから、女性もたくさん相手しているのかも。だからそーゆうこと目的に行くレズビアンさんもいるのかなぁ〜と思いました。

広告

ゴーゴーバーのお店のシステム

外でキャッチにつかまり店内に入ります(笑)客引きすごいよw

①中に入り、まずは、ドリンクを注文。

ドリンクは良心的な価格でした。コーラみたいなノンアルコールは100円くらいだし、小さい瓶のビールは300円くらい。シンハービールね。普通にタイのご飯屋さんの価格と同じくらい。

物によって約750円くらいのもありましたが、良心的。飲んだ分だけ請求されるのでチャージ代とかもありません。

そして一緒に来た人とおしゃべり&ポールの横でリズムに乗ってる女の子を見る。

 

⇨ここで離脱も可能です。結構、中の女の子を見て飲んで帰る人もいました。

私の場合は、もう一杯頼んで終わりにしました。特に何もなく、ただ飲みながらダンスを見て、あの子可愛いけど全身整形だな? めっちゃ、みんな細い。あ、あそこの日本人デレデレだな。とか観察。笑

目が合うと誘われるので目が合ったらすぐそらす作戦。w

広告

②女の子を席に呼ぶ

一杯目飲んでる時に店員さんが誰がいい?誰呼ぶ?と質問してきます。

踊り子ちゃん達はみんな番号札をつけてて、指名をして席に来てもらいます。
バンコクのお店の子達は、ちょっと日本語ができるのでエッチな言葉で誘惑してきます。でも知ってる単語少ないからすぐ会話は終わる感じ(パタヤという、少し田舎のビーチ観光スポットはもっと日本語が話せない子達が多かった印象。英語も話せないので会話は難しいかも)

踊り子ちゃんが席に着くとお酒を奢ります。
それは、踊り子ちゃんへのチップにもなるのかな? 価格はお客さんが飲む価格より数百円アップ。

そして、カタコト日本語でのアピール接客。

 

私が呼んでたわけじゃないので分からないけど、きっと…
「ねー、しようしよー、ホテル行こうよー」という会話 笑

 

⇨ここで離脱も可能! ただ、女の子によっては「ふん、行かないのね! 用無しよ!じゃあね!」的になっちゃう子もいるみたい。

広告

③お持ち帰り

これは知らないから、他のサイトから情報収集。
場所によって(バンコクやパタヤ等)値段が違うみたいですが、トータル的には一緒みたい。
ちょっと男性向けの言葉があるので、嫌な方は飛ばして下さい。とりあえず、お店に払って、女の子にも払うみたい。1万ちょっとでお持ち帰り可能とのこと。

ペイバー代(バーファイン)

ペイバーはお店へ払う女の子の店外連れ出し料である。店や時間帯、ショートかロングかによって違うが、ウォーキングストリートは600バーツ~2000バーツ(約1800~6000円)となっている。

パタヤのいくつかの店では、女の子の店外連れ出し料が連れ出す時間や日によって変わる。例えば、アイアンクラブの場合は、0時前が1200バーツ(約4100円)、0から2時が1000バーツ(約3400円)、2から4時が800バーツ(約2700円)となっている。週末だけペイバー代が上がるゴーゴーバーもある。

女の子へのチップ

女の子へのチップとは店内のサービスの他、店外、正確にはホテルでの「サービス」によるチップを言う。

ショートタイムは時間にかぎらず1回戦終われば終了である。女の子へ直接渡すチップ相場は現在のウォーキングストリートだと2000~2500バーツ(約6000~7500円)。ロングタイムは朝の6時ぐらいまで一緒に寝ていられ、基本的に2回戦まで可能。女の子へ直接渡すチップの相場は3500~5000バーツ(約10500~15000円)となっている。

女の子へのチップはお店を出る際、会計時に支払いを求められるケースもある。また、チップの料金は値段交渉次第で500バーツから1000バーツ程度下げる事も出来る。

(引用元:ウォーキングストリートにあるゴーゴーバーの知っておくべき店の特徴や料金、システムについて

広告

私が見る限り…、たくさんの日本人がお持ち帰りしておりました。行きの飛行機で見た人もいました。男性グループはこれが目的なんじゃないの??と思うぐらい、みんなデレデレ楽しんでいましたね。

「この人いたな」
「あ、結婚指輪してるし…」

もちろん、日本人だけじゃなく海外から来たであろう男性や、夫婦もいました。
お持ち帰りで女の子を二人連れていった人も。

日本人街のお店は、ほぼ日本人でなんだかちょっと悲しくなりました。タイで遊んで帰るのか…と。

私がただお酒を飲んでケラケラ知人と話しながら女の子を見ていたので、店内にいた男性スタッフが何度も俺とどう? 俺も呼べるよ。と誘ってきました。

(いやいや、私レズだから)

と思いながら、ノーセンキューノーセンキュー言いました 笑

 

広告

私がバンコクとパタヤで行ったゴーゴーバー

何もしないんだけどね、異世界感が気になって、一週間のうちほぼ毎日いろんなお店行きました。もちろん、飲むだけ(笑)
女の子のかわいいレベルとか整形してる女の子が多い店は、店舗によるかも。
日本語話せる、話せないは先ほども言ったように、バンコクの方が日本語話せる子が多いのかな??

広告

バンコクのパッポン通り

Kings Castle

(画像元:Kings Castle 1 Patpong

Pink Panther

(画像元:redeyethai.com

広告

パタヤ

The Iron Club Pattaya

(画像元:bangkok.com

baccara

(画像元:agogo-pattaya.com

二階に上がるとトップレスだった

パタヤのお店で一階が混んでたので、上に上がってみたんですが、上がってビックリ! 二階はまさかのトップレス!(パタヤのバカラの2階。バカラは有名店だそうです)

男性はニヤニヤでしたね。笑
私は、女性の裸なんて銭湯とかで見慣れてるし、女の子の裸を見ても好きな人以外はふぅーん。という感じなので特に何も思わなかったんですけど、さすがにトップレスでポールの横でリズムに乗って踊り子ちゃん達にはビックリしました。

広告

こんなゲームあるんかい! ピンポン球争奪戦

いくつかのお店であったんですけど、1000バーツ=3000円くらいだったかな??忘れちゃいました。

それで小さいバケツ一杯のピンポン球を買えるんですよ。

ピンポン球一つが100バーツ? 300円くらい。それをね、真ん中で踊ってる踊り子ちゃん達に投げるんです(優しくね)
すると、踊り子ちゃん達が群がってそれを拾いに行くの・*・:≡( ε:)

このピンポン玉は、踊り子ちゃん達のチップになります。拾った分だけもらえるみたい。

6個拾ったら6個×100バーツで600バーツ=1800円くらい。

 

よくこんなゲーム思いついたな…。

タイの平均賃金

タイの平均年収は日本円にして138万円~140万円です。 平均月収は11万円です。
しかし実際には、所得の格差は相当ひらいており、上記の平均年収はあくまでも上位の職業についている方からレポートしたものとなります。
(引用元:タイの平均年収

平均月収11万円。ゴーゴーバーでお持ち帰りされれば、約1万円ちょい。
そう考えると貧困層の女性ほど、この仕事につくのかもしれませんね。

働く女性はもっと指名をもらえるように整形したり、ホストにお金を使ったりしているという記事も見ました。

広告

 

タイ=性に関して自由なイメージがあるので、嫌悪感というものは抱かなかったんだけど、
お客さんとして来る男性のニヤニヤ顔は忘れられませんね。

 

 

 

今日はちょっと海外のダークな部分の記事でした!
初めてのタイのゴーゴーバー。私にとっては信じられない光景が広がっていました。

次の記事。タイのスナック、キャバクラ、ゴーゴーボーイの記事はこちら。

タイの夜遊び/女性だけど…初めてバンコクのスナック・キャバクラ、ゴーゴーボーイに行った話

 

 

それでは! Bye for now!

 

 

ぽちぽちっと応援クリックいただけるととっても嬉しいです(*’ω’*)!
よろしくお願いします(*´꒳`*)
↓ブログ村のビアンカテゴリーに素敵なブログがたくさんあるので是非見てみてください^ ^