【LGBT・レズビアン映画/洋画】ラブソングに乾杯/恋人と友達の境界線で揺れる二人。言葉には出さない相手への想い

原題:Lovesong
公開:2016年

映画「ラブソングに乾杯」 ※ネタバレあり

こんにちは。ジュニーです。
Netflix(ネットフリックス)で観た映画、ラブソングに乾杯の感想です。この映画ずっと気になってましたが、やっと観ることができました♪

(画像元:amazon)

あらすじ

夫婦生活に悩むサラは、親友のミンディと気晴らしのつもりで出かけた旅行で親密な関係になる。それから数年後、再会した2人は友情を取り戻そうとするが…。
(引用元:Filmmarks

大学の友人だったサラとミンディ

左がサラ、右がミンディ

(画像元:iMDb

ライリー・キーオが演じるサラは、1児の母。夫は長期単身赴任をしていて、会えるのは2ヶ月に一度。夫は、家庭のことを顧みず、子供はサラが一人で育てているようなもの。
ストレスを抱え、精神的にも追い込まれていました。
ある日、大学時代の友人ミンディ(女優ジェナ・マーロン)が遠方からサラに会いにやってきます。ミンディはサラの話を聞き、サラが気分転換できるようサラに寄り添います。

ミンディと過ごすことによってサラの気持ちは少しずつ落ち着いていきます

ミンディに会うまでは、雨のシーンやどんより雲のシーンが多く、まるでサラの気持ちを表しているかのようでしたが、ミンディと過ごすことで徐々にサラは元気を取り戻していきました。

酔った勢いで二人は一線を超える

あるあるですね!(笑)私も遠い昔こんなことがあったようななかったような(笑)

(画像元:iMDb

 

サラとミンディは、ある日一線を超えます。しかし、その時に感じたお互いの思いは表に出さず、自分達の心の中で処理をしようとそれぞれが意識だけしている状態。わだかまりを抱えたまま、別れ、連絡もあまり取らなくなりました。

そして、物語は3年後にまた動き出します。

「ラブソングに乾杯」のみどころ

※ここからさらにネタバレ感想になります。

ライリー・キーオの美しさにドキドキする♡

個人的な感想です(笑)
左がサラ役のライリー・キーオ( Riley Keough)、右がミンディ役のジェナ・マーロン(Jena Malone)。
ミンディ役のジェナ・マーロンももちろん綺麗なんですが、私はライリー・キーオ推しw

(画像元:iMDb

 

ライリー・キーオ(Riley Keough)は、アメリカのモデル&女優で、なんと祖父はエルヴィス・プレスリー!

(画像元:iMDb

彼女が演じた映画・海外ドラマは、

【海外ドラマ】ガールフレンド・エクスペリエンス(THE GIRLFRIEND EXPERIENCE)

高級コールガールと男性達とのドラマでライリー・キーオはヌードで体当たりな演技してます。これは最後まで観ましたね♬ ライリー・キーオはシーズン1だけの主人公です。シーズンごとに内容が異なります。

(画像元:iMDb

【30日間無料】ガールフレンド・エクスペリエンス (字幕版)をAmazonプライムビデオで観る

 

【映画】マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)

私は、この映画観たことないんですが…、この映画の「美女軍団」の一人として出演していたそうです。

(画像元:Yahoo!映画

↓赤髪のケイパブル役

(画像元:iMDb

静かな映画、最後の15分で急展開&ドキドキ

この映画、大きな展開はほぼありません。彼女達の日常を観ている感じ。
ただ3年間の月日が経って、二人が再会するところから「何か起こるんじゃないか…??」と期待し始めました。個人的には、サラとミンディが付き合って欲しい(レズビアンの願望w)

 

最後の15分は、どうなるの!?どうするの!?とソワソワしますね。
1時間30分くらいの映画なのでさらっと観ることができました♪

 

Amazonとかには、翻訳付きの動画がないので今はネットフリックスだけの鑑賞ですかね…。

Netflix

Netflix (無料)
(2018.01.20時点)
posted with ポチレバ

他のレズビアン映画記事はこちら↓

画像をクリック

 

 

それでは! Bye for now!

 

 

ぽちぽちっと応援クリックいただけるととっても嬉しいです(*’ω’*)!
よろしくお願いします(*´꒳`*)
↓ブログ村のビアンカテゴリーに素敵なブログがたくさんあるので是非見てみてください^ ^