平成最後の日はクリムト展

こんばんは。ジュニーです。今日は平成最後の日!
明日はいつも通りなんだけど、ニュースとか特番観てるせいか、なんだかそわそわしている昭和生まれです。

改元まで一時間、テレビ観てると渋谷とか大阪、各地で中継が入っていて改元のお祝いムード。
カウントダウンイベントとか岐阜の郡上(ぐじょう)では「新元号令和/徹夜で祝う郡上おどり祝賀イベント」を開催しているみたいですね。

平成最後の日は美術鑑賞

私はですね、平成最後の日!ということは一切関係なく(笑)、彼女と彼女のお母さんと上野にある東京都美術館で開催中のクリムト展に行ってきました。

クリムト展 2019/4/23〜7/10 in 東京都美術館

(画像元:クリムト展

待望のクリムト展、過去最大級。

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。
華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、いまなお圧倒的な人気を誇ります。
没後100年を記念する本展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手がけた風景画まで、日本では過去最多となる油彩画25点以上を紹介します。
ウィーンの分離派会館を飾る壁画の精巧な複製による再現展示のほか、同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、クリムトが影響を受けた日本の美術品などもあわせ、ウィーン世紀末美術の精華をご覧ください。

私、、、絵画とか美術系知識が乏しくて…、
下の恍惚そうな表情の絵とあと1枚くらいしか知らなかったし、クリムト知らなかったのですよー。
誘われた時は、「クリムトってだーれー?」状態でしたが、とっても満足♪

↓ユディトⅠ

↓ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)

(画像元:クリムト展

 

ゴールデンウィークだからか人が多くて、ゆっくりのんびり鑑賞するというのはできませんでしたがいい作品はやっぱり違いますね。行ってよかった!

グッズもたくさんあったんだけど購入せずに帰宅。家に帰ってから「あー、やっぱり買っておけばよかった…」と後悔(笑)

(画像元:クリムト展

 

Tシャツ、スカーフ、トートバッグ以外にも金のゼリーとかワインとかも売ってて驚きました。

 

↓このピンバッジガチャガチャ、とっても気になったんだけど回さず帰宅…平成最後の後悔(泣)

 

お時間あったらぜひ行ってみてください〜。とっても楽しめました!

 

 

さぁ、残り10分で「令和」の時代ですー!!

彼女のPさんとカウントダウンで盛り上がるかと思いきや、Pさんは明日仕事なのでため息ばかりされています(笑)
Pさん、がんばってーーー!!!!令和がやってくるよーーーーー!!いい時代になりますように〜♡

 

ビアンブログ一覧(このブログも掲載していただいています)
→にほんブログ村ランキング【ビアン】カテゴリ

 

それでは! Bye for now!